株で儲ける方法を学ぼう|利益を得られるための情報サイト

株式より還元率が高い

紙幣を数える人

直接不動産投資するより楽

リートとは、どういったものか何となく知ってはいるという方も、多いかもしれません。何となく不動産関係の投資だろうと言うぐらいのことは、ご存じの方も多いでしょう。では、直接自分が不動産オーナーになるのと、何が違うのでしょうか。副業として、不動産投資をする場合、物件選びからはじまり入居者の管理まで全て行わなければなりません。頭金ゼロでローンを組むこともできますが、複数の物件を持ち分散投資するといったことは、初心者には難しいでしょう。又、売却をしようと思っても、簡単に買い手がみつかるとは限りません。収支がプラスでもマイナスでも、毎年自分で税金の計算が必要です。リートとは、不動産投資を個人で行うリスクや管理を軽減し、いつでも売買できる投資商品です。

投資法人をチェックする

リートとは、投資家から資金を集めて、その資金を元に不動産を購入し売買益や賃料収入を得ます。一人で不動産を持つことと違い、資金も巨額なため複数の物件に分散投資もできます。これらの収益を、投資家に分配する仕組みです。株式と仕組みは、ほぼ同じですが、リートは株式と違い、収益の9割以上を分配金とすることが可能です。そのため、株式より多くの分配金を得る可能性が高いと言えます。このようにリートとは、高い分配金を狙える投資商品ですが、あくまでも投資である以上、元本保証や確定利回りなどはありません。株式と同様のリスクはあります。投資を行う際には、リートの投資法人の情報を調べてから、行うと良いでしょう。投資法人では、過去の分配金情報や保有資産についての情報を公開しています。